スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Quadro M4000 Core i7-6700搭載PC raytrek LC M4

インテル新型CPUとnVIDIAのワークステーション用グラフィックカードを搭載したドスパラ新型グラフィック処理能力に強いスペックを持つ高性能PCです。プロセッサはCore i7-6700、4コア8スレッド、3.4GHz-4GHz動作クロック、8MBキャッシュ容量、消費電力65Wのスペックを持つCPUを搭載します。基本スペックはメインメモリは大容量16GB、ハードディスクも3000GBもの大容量HDDを装備、DVD作成対応マルチドライブの構成です。

グラフィックカードにはQuadro M4000を採用、CUDAコア1664、8GB GDDR5/256-bitビデオメモリ、対応拡張命令OpenGL4.5、DirectX12に対応しDisplayPort1.2コネクタを4系統を持ち最大4マルチモニタに対応します。
20151027002.jpg


raytrek LC M4
Quadro M4000 Core i7-6700搭載PC raytrek LC M4
販売価格 224,980円(税別)
CPU インテル Core i7-6700 プロセッサー(クアッドコア/HT対応/定格3.40GHz/TB時最大4.00GHz/L3キャッシュ8MB)
チップセット インテル H170 チップセット搭載 ATX マザーボード
メインメモリ 16GB PC4-17000 (DDR4 SDRAM, 8GB×2, 最大 32GB)
グラフィックス NVIDIA® Quadro M4000 8GB
ハードディスク 3TB, SATA 6Gb/s 接続 (SATA3)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
LAN ギガビットLAN
電源 500W 静音電源 (Acbel製 / 80 PLUS BRONZE)
OS Windows 10 Home インストール済み

パソコンケースは拡張性と空調に長けたSR598Mを採用します。

空調面は次の通りです。前面:120mmファン×1 搭載可能、上側:120mmファン×2(140mm× 2 または120mm× 2 または90mm× 2 または80mm× 2に換装可能)、左側:120mmファン×2(140mm× 2 または120mm× 2 または90mm× 2 または80mm× 2に換装可能)、右側:90mm薄型ファン×1 または80mm薄型ファン× 1 搭載可能、背面:120mmファン×1(90mm× 1 または80mm× 1に換装可能)。
20151027006.jpg

拡張ベイは次の通りです。3.5インチシャドウベイx5、3.5インチオープンベイ×2 (5インチベイを共有)、5.25インチベイx5 (3.5インチベイ変換ベゼルx2 付属)
20151027005.jpg
20151027003.jpg
スポンサーサイト

tag : インテル

スポンサードリンク

comment

Secre

スポンサードリンク
CPUとGPUリンク



WWW を検索 ドスパラパソコンを検索
Google



相互リンク
お買い得パソコン
  • seo

ドスパラ パソコン通販サイト

↑ フィード・ティッカーを使ってみましょう


RSSリーダーで購読する
プロフィール

subaruwrx

Author:subaruwrx
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
タグ
ドスパラスペック別タグ

クアッドコア インテル デュアルコア geforce AMD 激安 Corei7 radeon Corei5 6コア celeron Core パーツ 即納 OEM GTX285 当日出荷 省スペース i7-4700MQ 3Dゲーム対応 8コア ドスパラ 自作キット Corei3 atom i3-4130 pentium i7-4770K P2P高速ダウンロード GeForce Radeon A10-6800K 周辺機器 HDD A10-5750M Quad モンスターハンターオンライン対応パソコン 2 Windows8 ノートパソコン A4-4000 大容量HDD i3-4000M モンスターハンター i7-3940XM i7-3820 i3-3120M 電源 i5-4440 サンディブリッジ-E Celeron 1005M Edition Extreme 3D映像 i5-4570 GTX770 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。